【接骨院自費移行】保険の患者さんからの紹介で来た人に平気で自費を売る方法

Pocket

接骨院を保険と自費でやっていると必ず直面する問題。

自費経営を成り立たせるには覚悟を決めるしかありません。

 

保険で安い患者さんから絶対保険使えない患者さんが接骨院に来たら

接骨院で自費移行を目指すとき、または保険も自費もやるハイブリッドで経営しようとしたときに必ず起こる問題。それは料金が人によって違う問題

料金が人によって違う問題は場合によっては患者さんからの不信感や評判を下げることになりかねません。

患者さんからすれば、

「なんで私は高くてあの人は安いの?」

と感じてしまうこともあるかもしれません。こちらからしたら「やってることが違うから当たり前じゃん!」と思っていますが、患者さんからすれば納得いかないかもしれません。

 

保険使ってる人からの紹介で絶対保険使えないような人が来たらどうしようかな~

という自費移行中の先生もたくさんいると思います。

 

保険が適用かどうかの説明をしっかりと

「どうしようかな~」とかいいながら、紹介で来てくれた患者さんになんとなく保険を使ってはいけませんよ。

悩むところはそこじゃなくて「保険適用されるかされないか」「料金がなぜ違うか」をどうやって説明するか、です。

これはもう習慣化してしまえば簡単なことです。

初診のときに「保険の範囲内か外か」と「それによって料金が違う」ことを言うだけ。

 

そういった説明をすることなくいきなり症状の説明や施術を始めちゃう先生が多いと思いますが、自費移行しようとするとこのフェーズが必ず必要になります。

「お金の話なんか患者さんにしたくない」という先生もいるかもしれませんが、僕はしっかり説明してあげたほうがかえって感謝されると思います。

 

保険も適応範囲についても理解してくれる人がほとんどで、「保険が最近厳しいらしい」みたいな風潮というか雰囲気を一般の人も意識として持っていると感じます。

自費移行にはこの風潮は追い風です。「保険が使えない」という理解がありながら納得できる説明をして差し上げれば自費治療を受けてもらいやすくなるわけですから。

 

接骨院を自費移行するなら平気で売れ

そしてもうひとつ。

しっかりと「保険施術」と「自費施術」の違いを作ること。

 

両者の違いが明確ならば「施術の違い」と「料金の違い」も明確になるので患者さんとしても納得しやすく、こちらとしても「やってることが違うから料金も違って当たり前じゃん!」と平気で売ることができます。

普通のラーメンとチャーシューメンが違うようなものです。ラーメン屋はチャーシューメンを売る時に「高いかなぁ、普通のラーメンと同じ値段じゃないとお客さんに嫌われないかなぁ」とか思いません。

平気で売るとは、適切な料金設定と価値提供をしてお客さんに提示するという当たり前の行為です。接骨院でもやれないはずはありません。

 

接骨院ならではのお金の悩み。患者さんが安いと思ってきてしまうこと。これがまだたまにある。

説明してわかってもらえなければさっさと諦める。久しぶりに患者さんを放流しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
何年もかけてゆっくり保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行した人です。 自費移行したい接骨院の先生を過去の自分だと思って応援してます。でも基本的に日々のことを書くので雑記の日記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.