福利厚生アウトソーシングサービスの登録代理店さんからお電話をいただきました

Pocket

福利厚生アウトソーシングサービスの登録代理店の方からお電話をいただきました。

結果、営業でした。

 

福利厚生アウトソーシングってなに?

昼休みに電話が鳴り、出てみると

「先生の接骨院は腰痛にお詳しいことがホームページから見て取れるのですが詳しいお話をお聞きしてもよろしいでしょうか?」

と言うので、患者さんかと思ったら

 

「私、企業の福利厚生のアウトソーシングサービスの代理店をやっておりまして、先生の接骨院でもご参画いただければと思いお電話させていただきました。」

とのことでした。

 

電話をくれた方にお話を伺って、あとで調べてもみたのですが、

 

福利厚生アウトソーシングとは、

会社の福利厚生サービスを外部の専門業者に委託して運営する方法のようです。

福利厚生の外注ですね。

 

結局電話営業だった

今回電話で提案してくれた業者さんは福利厚生の専門業者の代理店なので、参画する事業者をリサーチして集める事業をしているとのことでした。

こういう系の電話は僕からすれば全部「業者」なので、いつもなら10秒で切るのですが、福利厚生アウトソーシングと言われると聞いたことがなかったので、昼休みで時間があったこともあり少し詳しく聞いてみました。

 

それに、参画、とか言われると「ん?なんか普通の営業じゃないのかな?」とも思いまして、、、

 

結局はいわゆる営業だったんですけどね( ;∀;)

まあ勉強にはなりました。

 

以前「アプリを作ります!」という業者さんもいましたが、新手のやり方が登場してしまったんでしょうか。

 

接骨院のアプリを作る業者

 

掲載料金は二年で100万

で、この業者さん曰く、

大企業や公務員などが使う福利厚生サービスの会員制サイトに貴院のメニューを載せて、福利厚生サービスを利用する会員にアプローチできるので集患に繋がります。

とのことでした。

 

そこで、皆さんが気になるのはもちろん料金です。

掲載料は当然かかると思い聞いてみると、

 

登録の初期費用→50,000円

月々の掲載料→40,000円

月々の掲載料は二年間固定とのことだったので、初期費用含め二年でトータル約100万

 

気付くの遅い!といわれるかもわかりませんが、

僕はここでこの業者さんを電話勧誘業者と認定いたしました(笑)

 

とはいっても、100万払ってそれ以上のリターンがあれば文句はありません。

 

しかも二年間続けて登録しておけば三年目以降は無料!というではありませんか。

さらに、登録したホームページのSEO対策もやります!と大盤振る舞い。

さらにさらに、三年目以降のSEO対策も無料でやります!と、ここまでくるともはや怪しいとしか思えません。

 

広告費として機能してくれるか不明なので無理

どういう仕組みやねん、とツッコミたくなりましたが、もう怪しいと思ってしまっているので電話はここまで。

 

今現在、自分でやっているGoogle広告のほうが費用対効果が良い(コントロールできる)ので、福利厚生アウトソーシングサービスは不要と判断しました。

 

第一、会員制サイトなので僕がサイトを実際に見れない。

そして実際にその会員制サイトがどれくらい稼働しているか確認できないし、そこからどれだけ集客が見込めるかわからない。

 

だから普通に広告出して集客したほうがいいと判断しました。

 

でも福利厚生にアウトソーシングがあったり、会員制サイトで自分の受けたいサービスを選んでいることなどは自営業である自分は知らなかったので勉強になりました。

電話勧誘業者さんから学べることは滅多にないので、少しの時間でしたがとても有意義でした。

 

しかし代理店さんって福利厚生を外注する企業から収益を得ているはずで、会員制サイトに登録する事業者からも掲載料を取っているということは丸儲けですね。

もっと低価格なら掲載してもらってもいいかなって感じです。

しかし商売っていろいろなやり方がありますね。感心しました。

 

営業時間中に電話営業するのやめてください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
二年かけて保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行しました。 接骨院、整体院、鍼灸院などの民間療法の先生たちに頑張ってもらえるように情報発信します。 でも基本的に日々のことを書くので雑記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.