接骨院を自費移行すると高い物販もできます。

Pocket

1000円のサポーターよりも5000円のサポーターを販売しましょう。

物販も効率的に行ったほうが良さそうです。

 

安い物より高い物を販売しよう

僕は自費移行する前、

「安くていいものを売った方が患者さんのためになる」

と思い込んでいました。

 

ですが自費移行をしていく過程で、

「高くても本当にいいものを買ってもらったほうが喜ばれる」

と思うようになったので、安いサポーターを販売するのをやめました。今は低価格帯のものを扱うのをやめて、高価格帯の物だけを販売しています。

 

自費移行をしていくということは、つまり売上を上げたいのですから高単価のものを販売したほうが近道です。

1000円のものを5つ売るよりも5000円のものを1つ売ったほうが効率的です。要は薄利多売は避けるようにしています。

 

コンビニで患者さんに会ったら物販を喜ばれました

 

保険中心接骨院は薄利多売

これはちょうど保険中心の接骨院は薄利多売で、高額な自費治療が売れればそこまで患者数を増やさなくてもいい構図に似ています。

似ているというかどういうスタンスで商売をするか、というだけですが、保険施術を中心に行う接骨院であれ100均のような低価格のものを扱う販売店であれ、価格が低ければ低いほど販売数(患者数)がそれなりに多くないと事業者は儲けがありません

 

お客さん(患者さん)もその店がどれくらいの価格帯で商売をしているか、ある程度の期間利用したり評判を聞いたりリサーチすればわかります。

100均に10000円の商品が置いてあるとは誰も思いませんよね(^-^;

 

接骨院は「安い」というイメージを持たれている

「普通の接骨院は保険が使える」というイメージを一般の人は持っています。

僕の接骨院は自費移行を始めた最初のころは「え?保険使えないんですか?」という患者さんが結構いましたが、最近では保険が使えないことを説明すると「ですよね」と話しをわかっている患者さんがほとんどになりました。

 

これは別に僕が「自費移行」という事業を一人でしているからというわけではなく、「自費でやってるよ」ということを患者さんが認知してくれたことと、その患者さんたちが本当に症状をなんとかしたくて保険の適否を気にしていないということだと思います。

 

結果的に「保険での安い治療はやっていない接骨院」と認識してもらえているというわけです。

 

接骨院の自費移行のコツはお金のブロックをはずすこと

 

自費移行すると物販も売りやすくなる

単価が上がると物販でも高額の商品が販売しやすくなります。

500円で施術をしていると5000円のサポーターは高いと思われてしまいますが、5000円で施術していれば5000円のサポーターはそこまで抵抗がありません。

安い料金で施術していると「この接骨院は安い」と認識されてしまうため、自然と高価格帯の物販が難しくなります。

 

いつも利用してもらう料金がその店の印象を決めます。

 

となれば、施術料金をある程度上げていけば物販でもそれなりの価格帯の商品が扱えるようになります。

僕は自費移行前はテープや安いサポーターしか売れませんでしたが、今はそれ以外に健康食品や化粧品など高価格帯の物販もやっています。

きっと自費移行したり料金アップしていなければ高価格帯の物販は難しかったと思います。

 

スーパーマーケットでも庶民的な安い店と良品を扱う高級店では客層も違います。お客さんは自分の経済状況をよく知っていますからいつも利用する店いつも利用するサービスを自然と選んでいます。

高価格でも普通に利用してくれる人を集めることはそんなに難しいことではありません。

逆に低価格で利用している人に高額商品を販売することの難易度のが高いと思います。

 

これ販売したいけどウチの患者さん達は手を出さないだろうなぁ」とお悩みの先生、施術料の値上げを先にやったほうがスムーズかもしれません!(^^)!

 

単価を上げると患者の質が良くなるという謎

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
何年もかけてゆっくり保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行した人です。 自費移行したい接骨院の先生を過去の自分だと思って応援してます。でも基本的に日々のことを書くので雑記の日記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.