意味なく白紙委任サインさせるのやめようね、接骨院。

Pocket

原因ないのに接骨院整骨院で保険を使うのはNGです。

そろそろやめませんか。

 

悪趣味な問診やってます

問診していると、明らかに外傷じゃない痛みや不調を訴える人がいます。そういった人に以前病院や接骨院に通っていたかどうかを確認するのですが、「接骨院に行っていた」という患者さんが結構います。

患者さんとしてはもともと行っていた接骨院で成果が得られずに別の接骨院を探し、僕のところを見つけてくれた、という具合です。

 

そこで僕は以前接骨院にかかっていたという患者さんに必ずこう聞きます。

以前かかっていた接骨院で問診票以外にご自分のお名前を書きましたか?

そうです。療養費請求申請用紙に自分でサインしたかどうか、これを聞いています。

 

これを聞いているとその患者さんが以前通っていた接骨院が不正請求をしているかどうかがわかります。慢性痛は請求できませんから、わざと原因を作ったりして請求するのでしょうが、「そういうことをやる接骨院」と僕の中で判断して楽しんでいるというわけです。

もし「そういうことをやる接骨院」ということがわかっても、だからどうするということもありませんので趣味みたいなもんです。もちろんそれが不正であることを患者さん本人にわざわざ教えるようなこともありません。

自分の中で「ほほう」と楽しむための悪趣味な情報収集活動です。

 

ケガしてないとサインさせちゃダメだし白紙委任の説明しないのもダメ

ところがさ、結構あるわけですよ。こういう接骨院や整骨院は。

中には整体院なのにサインさせてるとこがあって、そういう整体は接骨の免許もありつつ外向きには「整体院」として営業しているので僕みたいな業界の中の人でも「ああ、あそこは接骨の整体成りで接骨の免許は取り下げてないんだな」とか後で気づくこともあるわけです。

結構自費で売ってるような接骨院でもサインをもらっているという話をたまに聞くのですがそれも不思議。取れるところから取れるうちに取る、みたいな感覚なのでしょうか。

 

別に実際患者さんがケガをしていればサインを貰って請求してもなんの問題もないですが、ケガをしていないのに請求したらあきまへん

しかも患者さんがなにも知らないことをいいことに何の説明もしてないのもあきまへん

そんなことするくらいならちゃんと施術の価値を表明して自費で料金をいただきましょう。

 

普通のことを言っています。

食える食えないじゃなくて、食えるように普通にやったほうがいいです。

 

自費の接骨院のがカッコいい

慢性でも請求しちゃうのは、自費を売れない接骨院が「食えなくなるから」と、世間様にばれないようにコソコソと行う時代遅れの作戦です。

でも時代が時代です。そのうちバレます。バレなくても保険は厳しくなる一方です。最悪請求しても返戻不支給の嵐、という時代になります。というかすでになりかけています。

 

そろそろ請求書とサヨナラする準備をしてもいい時期じゃないでしょうか。

自費移行したり自費施術がしっかり売れている接骨院は全体の1~2割とも言われています。保険が厳しくなっても生き残る院は自費の売れる院です。

患者さんに実情を黙って請求するのなんかカッコ悪いです。僕は自費を売れる先生のほうがカッコいいと思います

 

世間も接骨院が自費なことをそろそろ認知していると思いますよ

ココナラで『リピートされやすい問診のやり方』を販売しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
何年もかけてゆっくり保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行した人です。 自費移行したい接骨院の先生を過去の自分だと思って応援してます。でも基本的に日々のことを書くので雑記の日記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.