風邪もひけない時代。withコロナってなんだよって感じですね。

Pocket

なんかどうも風邪っぽいです。

風邪っていうだけで疑いの目で見られているような、、、。

気のせいですかね。

 

子どもから風邪もらったみたいです

毎日毎日、風邪ひかないようにって気をつけているのですが、どうも風邪気味です。

息子がこども園でもらってきやがって親にうつるというお決まりのコースのようです。

 

一時期、こども園も休園したりしてコロナ対策だ!ってやってましたが、はっきり言ってこども園とか幼稚園なんて対策してもどれだけ効果があるか。

よだれ垂らしまくってるしベチョベチョそこらじゅうを触るし手舐めてるし。

 

世の中の風潮もあるの感染対策はやらないといけませんが、子ども達に理屈は通用しないよね、だって友だちと手つなぎたいし何でもかんでも触りたいしね。

 

こども園も大変

こども園の先生たちの苦労ったらないですよ。ほんとにいつも感謝してます。

感染対策にうるさい親もいるそうですが、うちはなんにも思いません。

見てくれているだけでありがたいです。感染対策も先生たちのストレスにならない程度に月並みにやっていていただければいいと思います。

 

以前にも子ども→親感染したので、ほとんど子どもと似たような症状が出て「またか」と思ったのですが、なんとなく今年は気まずいですね。

世間じゃwithコロナとかいってスローガンやってますけど安心して風邪もひけやしません。

 

自己管理がなってないと言われればそれまでですが、子どもがおれば濃厚接触は当たり前なんじゃないのかな。

熱も出ないし喉がイガイガするだけなのでとりあえず様子見。

 

優しくなれれば

昔はお客さんに「風邪ひいちゃった~」なんて言うと、

「いやだね~先生、気をつけてよ」で終わっていましたが、

今年はなんにも言えねえ!

 

風邪を宣言してた過去の俺なんだよとも今となっては思いますが、どうあれ一昔前までは色々とゆるかったですね。

ゆるかったし優しかった。人情があったといいますか。

 

「優しい」とか「人情がある」とか、そういうことに特に関心を持っているわけではありませんでしたが、こういう時代になって人間には必要なものだったとしみじみと思います。

 

もともと日本人は心情的にウェッティーな民族らしいです。

情緒が豊かと言えばいいのでしょうか、自然豊かで四季がある風土で生きる民族なりの心情があるらしいです。

 

と言ってもお客さんにうつすわけにもいかないのでちゃんと対策して自分の喉もウェッティーにできるように健康に気をつけて参りたいと思います。

風邪だからって避けるばかりじゃなくて、「大丈夫ですか?早く良くなってくださいね」って普通に言い合えるようなwihtコロナならいいのにな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
何年もかけてゆっくり保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行した人です。 自費移行したい接骨院の先生を過去の自分だと思って応援してます。でも基本的に日々のことを書くので雑記の日記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.