腰痛になった!整形外科か接骨院かどっち行く?

Pocket

ぎっくり腰になったら病院に行くか接骨院に行くか、はたまた整体に行くか。

我々接骨院にとっては「得意分野だから来てよ!」と思いつつ、一般の人からすれば「治してくれればどこでもいい」というのが本音だと思います。

この記事では腰痛が発生したときにどこに行けばいいか、という疑問をクリアにしたいと思います。

 

腰痛になったら”目的”を確認して行くところを選ぼう

病院(整形外科)に行く目的

 

  • 検査(レントゲンや血液検査など)
  • 診断
  • 投薬(痛み止めや湿布)
  • 処置

 

整形外科などで腰痛に対してできることの中で最も重要なことは、診断です。

腰痛の場合、命にかかわるような病気が潜んでいることを念頭に治療にあたらないといけません。危ない病気が疑われる場合、検査と診断を医師に依頼するのがベストでしょう。

 

とはいっても、一般の人には何が危なくて何が危なくないかわからない場合が多いので医師の検査と診断を第一選択にするのがベターかもしれません。

 

僕も「こりゃちょっとお医者さんに診てもらったほうがいいな」と思ったら患者さんにお伝えして整形外科に行ってもらうことがあります。

ほとんどの場合が問題ないのですが、万が一ということがあってはいけないので「微妙」というレベルでも念のため診てもらいに行くよう勧めます。

腰痛になって心配だから検査してほしい、なんだか普段と様子が違う、めちゃくちゃ痛くておかしくなりそう、という人は真っ先に整形外科に行って相談しましょう。

 

接骨院、鍼灸院、整体院に行く目的

 

  • 腰痛(腰の痛み)に対する施術

 

大原則として医師以外は診断ができません。診断はお医者さんの専売特許です。

医師以外で腰痛の治療(施術)をしてくれるところは主に接骨院、鍼灸院、整体院だと思います。

これらの施設では資格上「診断」ができません

ですので目的としては痛みの緩和のために行くことをおすすめします。

 

特性を知って利用しましょう

一般の方は病院と接骨院などの施設を区別するのが難しいかもしれませんが、それぞれの施設には得手不得手があります

また、先生によっても専門分野があったり、苦手分野があったりします。

 

病院だと整形外科とか耳鼻科とか眼科というふうに科目がわかれているのでわかりやすいですが、「腰痛」となると皆さんどこに行ったらいいかわからなくなってしまうようです。

腰痛の場合、検査と診断が必要であれば整形外科(医師)、痛みに対する施術が必要であればそれ以外の施設(接骨院、整体院、鍼灸院など)など目的を決めて利用してみましょう。

 

さらに行きたい施設のホームページなどで先生の得意分野を確認する、もしくは電話で自分の症状が対応できるかどうかなども確認してから利用されることをおすすめします。

腰痛など慢性になりがちな症状は目的をはっきりさせることがとても重要です。

自分の目的と先生のできることが一致している施設を選んで一日も早く腰痛が良くなりますように!

 

整骨院の自費治療が高いのはなぜ?保険との違い

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

アバター
二年かけて保険中心の接骨院から自費施術中心の接骨院に移行しました。 接骨院、整体院、鍼灸院などの民間療法の先生たちに頑張ってもらえるように情報発信します。 でも基本的に日々のことを書くので雑記です。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.